本当の「婚活のゴール」とは

婚活では「異性との出会い」がまず全てのスタートです。
だからこそ婚活パーティーのような場に参加して、たくさんの異性と出会い、会話を楽しむ事が大切なんですね。

でも本当の意味での「婚活のゴール」は出会いではなく、結婚です。つまりカップルになれてからの道のほうがずっと大切なんです。
もし婚活パーティーでカップルになれたら、どうしたらいいのでしょう。

・まずは連絡先交換をする
相手との連絡先交換をしましょう。それから男性ならば、なるべく間を置かずに相手には連絡を入れましょう。この時はあまりいろいろと書いたりせず、率直に会いたい気持ちを伝え、具体的に会う約束をとることが大切です。
・デートを重ねる
最初から映画を見てフランス料理のフルコースを食べてバーに行って、などと考える必要はありません。
相手の趣味や喜ぶ事を第一に考え、女性も気軽に来られるような日程や内容を選びましょう。何度か会う事を続けるうちにお互いの良さやちょっと違うなと思う点もどんどんわかってくるでしょう。お互いに「知り合う」「分かり合う」「教え合う」事が大切です。

そうして恋人同士になるかもしれませんし、すぐにプロポーズしたくなるかもしれません。
だけどもうこの時点では、婚活パーティーで知り合ったとか、結婚相談所で紹介してもらったとか、「出会いの場」の状態は実は関係ないんですよね。
そこから先は、「あなたと相手」とのふたりの関係です。
もう婚活というキーワードからは離れた時点での、ふたりがどう進んで行くべきかの話になるんです。

要するに婚活は実は「異性との出会い」でしかないという事。
本当の結婚のための活動は、そこから先であり、そこから先は「どうするべき」という正しいアドバイスなんて実はないんですよ。婚活は過程でしかなく、婚活のゴールが結婚ならば、出会いの先はふたりで作るもの。
そしてもっと大切なのは、婚活にゴールはあっても人生にはゴールはないって事。ふたりの生活はずっと続くという前提のもとに一緒にいる事を選ぶわけですから。

幸せな結婚生活は「こうあるべき」なんていう決まりはないんです。「こうしていこう」とふたりで話し合い決めていく事なんですね。だから誰にでも結婚と幸せな人生は約束されているはずなんです。
婚活は手段や方法だけど、その先の幸せは自分と相手の中にあるという事をどうか忘れないで欲しいと思います。