婚活とは一生涯のパートナー探し

ところで最初に「結婚相手に譲れない条件をひとつ選ぶ」という事を書きましたよね。
婚活パーティーに参加して色々な人と巡り会う事でしょう。
カップルになれた場合もあれば、カップルになれなかったけどとりあえず連絡先交換はしたという場合もあるかもしれませんね。

婚活は「結婚相手を探す活動」です。
婚活パーティーを利用して少なくとも「異性の親しい友人」が出来たとして、そこから先のステップを考えると難しいですね。
結婚は一生のパートナーを探す事です。
といって理想通りの相手を見つけるのは大変だし、問題は実際に結婚した時に「自分の理想通りの人が必ずしも理想通りの結婚生活になる」というわけでもない所です。

だから相手に対する妥協は必要です。探す時点でも妥協は必要だし、一緒に暮らすようになっても妥協は必要です。
「妥協」という言葉はちょっと違うのかもしれませんが、相手と一緒に軌道修正していく必要はあると思います。

あきらめるのと譲り合って軌道修正していくのは全くの別モノだと考えるようにして欲しいなと思いますね。

婚活パーティーに参加している最中も、もし「けっこう気が合うな」とか「良い印象を持った」事があったならやっぱりとりあえず友人同士としてでもいいのでデートというか、一緒に会う時間を作っていく事が大切なのではないでしょうか。
積み重ねて行く共有する時間の中で、たくさんお互いに会話をする中で、自分が相手に求めていた条件以上にもっと大切なモノを相手の中に見つける事もあるかもしれませんよ。

それともうひとつ。
婚活パーティーではなかなか最初のうちはカップルになれないかもしれないし、なったとしても「なんか違った」という事もあるでしょう。どこで「やめる」か、あるいは「婚活はあきらめるか」といった問題も出てきます。
この時も、時にはちょっと一休みして期間をあけるという方法もあります。あるいは全く別の方法で、たとえば結婚相談所を利用するとか、本格的なお見合いに挑戦してみるとか、婚活の方法をガラっと変えてしまうという方法もあります。

いずれにしても、異性との出会いを拒絶した時点で婚活は終わってしまいます。一生涯のパートナーを探すという事はそんなに簡単なものでもないし、あるいはまた、ちょっとした運で意外と簡単に手に入れられる事なのかもしれません。
妥協はしてみるが、本当にあきらめるという結論を出すまでにはいろいろと自分なりに考える時間を持ってみることをお勧めします。