隠す化粧が婚活の極意ではない

第一印象をアップする為にメイクアップは大切なテクニックね。
ところで化粧というと「化ける」という言い方もするわね。あれはどうかと思うわ~。
確かに女は「化ける」わよ。
メイクだけじゃない、洋服や髪型やその他あれこれで自分を武装する事で違う人格にさえなれるのが女よ。

でも「化ける」というと何か本性を隠している印象があるわね。
化粧をする事でスッピンを隠していると思う人もいるわね。
中には女性自身が「彼氏とそうなっても化粧は落とせない!」なんて言う人もいるわねぇ。

メイクアップする事で顔のシミは隠せるわ。シワやたるみも隠せるかもしれないわね。
だけどこれから一生涯を共にしようというパートナーに対して、一生素顔を隠し続けられるものでもないわ。
婚活はいろんな意味で「素顔を見せられる」相手を探さなくちゃ。
メイクをしてキレいに見えるように努力している女性に対して、男性は誰でも好感を抱くと思うのよ。「なんだこんな素顔かよ、上手に隠しちゃって」みたいな感想を持つ男なんて最低だわ。
一生懸命キレイになろうとしてるんだな、可愛いな! そう思う男を探さなくちゃダメなのよ。
婚活ではどうしたって相手の収入とか、そんな所ばかりをチェックしたくなるけど、もっと違う部分もちゃんと見るのよ。

第一印象はお互いの見た目の印象が強いわけだけど、会話の最中にそうした相手の「気質」みたいなものをしっかりと感じてチェックしてみて。
化粧は何かを隠すためにしているものじゃないの。
化粧は女子としてキレいになりたいという「女のこだわり」よ。
上手に化粧ができた、外見はなんとか男性の心を掴めそうだ、結婚するまで絶対にこの「仮面ははずせない」なんていうアプローチは正直あまりお勧めしない。

あなたの外見だけではない、心の内側の「美」を評価しようとする男性を探すのよ。
婚活の成否は、あなたを「内面で選んだ」男性を捕まえること。
上手なメイクアップを勧めるクセに矛盾した事を言っているようだけど、サラの言いたい事わかってくれたかしら?
メイクアップして「美人に見えたからあなたを選んだオトコ」よりも「今日のために一生懸命おシャレしてメイクしてキレイにしようと頑張ってきたんだ、その気持ちが可愛いな、嬉しいな」こんな風に思うオトコこそ、本物だってコトよ!