婚活メイクのポイント:チーク

最後は「チーク」。ほお紅よ。
チークの重要性は特にアラサー、アラフォー世代に声を大にして言いたいわ。
顔色が良く見えると「明るい印象」を相手に与える事ができるの。逆に言うと顔色が悪いと不健康そうに見えたり、時には陰湿さや根暗なイメージさえ持たれてしまう。
もともと血行が悪い人もいるでしょうけど、上手にチークを入れる事ができればまるで印象が変わるわ。
年齢と共にくすんでくる肌質をカバーする為にも、アラサー世代はチークをうまく使うのがコツ。

といっても「おてもやん」みたいに入れちゃダメ(笑)チークは効果的に使うとすごくいいんだけど、失敗すると目立つのよ〜。
うっすらと、ちょっぴり「頬が上気している」みたいに見えるように工夫してみて。
大きめのブラシを使って、たっぷりとチークをつけて、実際に肌にのせるときにはある程度落としてからササっと入れるとうまくいくわよ。
一般的には頬骨のあたりから上に向かっていれるといいと言われているわね。
これも頬の真ん中あたりにまぁるく入れると「可愛らしい感じ」、頬骨からシャープに入れると「知的な感じ」とイメージによって使い分けてみて。やっぱり何度か練習しながら、実際に鏡で見て確認しながら試してみて。

色は一般的なコーラルピンクや少しオレンジ系のピンクなかもいいわね。
まさかいないと思うけど、ひと昔前みたいな赤はダメよ。
メイクで1番失敗しやすいのは「ちょっと昔のメイクアップ」をしてしまう事。古いメイク方法や昔の流行そのままはやめて、ちゃんと今風のメイクを研究しましょうよ。
アラフォー世代ぐらいになると、もう化粧方法もビッチリ自分のやり方が決まっちゃってて、それが落ち着くって事もあるんでしょうけど。
でも改めて鏡を見て客観的に判断しなくちゃ。
新しい美容雑誌やコスメ売り場、コーナーなんかをしょっちゅうチェックして、いろいろと試してみる事が大事よ。

ふわっとかすかに入ったチークのおかげで、なんとなくポッと上気したような印象の顔つきになるはず。
柔らかい雰囲気が出せれば、それだけで男性の心を掴めるはずよ。
もしチークをいれすぎたなって後から気がついたら、ちょっとファンデーションを重ねたりしてうまく修正してね。

触れたくなる唇。
触りたくなる頬。
視線を釘付けにする瞳。
自然な眉とまつげ。

これで婚活は完璧ね!