婚活メイクのポイント:目ヂカラ

じゃぁ、そろそろ具体的なメイクアップのテクニックを伝授するわね。

まずは目もとよ。
婚活では「目ヂカラ」が重要ポイントよ!
目ヂカラをパワーアップする為にはアイラインとか睫毛とか総合的な目元の化粧が大切なんだけど、今回は特に「アイシャドウ」に限定して話をするわね。(また後ほどアイラインとかもテクニックをご紹介するかわ)

・色がハッキリとはわからない程度にする
パッと見て、「青いアイシャドウだ」「ピンクのアイシャドウだ」ってわかるような付け方は今イチね。
この色がいいとは指定しないけど、自分に合う色を見つけて何度か塗り重ねていく方法が一番無難。なるべく薄めにつけて、それを繰り返して行く方法だけど、ちょっと抑え気味ぐらいでちょうどいいんじゃないかしら。
・ラメやピカピカ系は控えめに
私も好きよ、ラメが入ったキラキラシャドウ!
でも婚活にはあまり向いていないわね。パール感や適度なキラキラはいいんだけど、塗った途端にピカピカしちゃうようなゴテッと盛ったラメシャドウはやめておいた方がいいわね。
婚活パーティーの会場って照明が意外とキツい事もあるの。そんな照明の下でパチパチキラキラし過ぎてるとちょっとやり過ぎ、「頑張ってるなぁ」と悪い意味で捉えられちゃうのよね。
・締め色を上手く使う
1番オーソドックスなベージュ系で考えると、最終的にはまぶたのキワには焦げ茶や濃いグレイなどの締め色をいれて引き締めたいわね。
ただこれは後からアイラインを入れたりするから、省略してもかまわないし、アイラインを入れない人ならシャドウでキチッとライン風に入れるテクニックもあるわね。

最近はパレットに4色ぐらい入っていて、どこに塗るかも一目瞭然にわかるようなアイシャドウが販売されてるでしょ。
初心者や化粧が苦手な人はそういうセットを使うのも失敗がなくていいんじゃないかしらね。

それからアイシャドウを入れたら、いったんちょっと後ろに下がって遠めに鏡で確認してみること。
できる限り、いろんな角度と距離からアイシャドウの色みや付け方をチェックする方がいいわよ。
三面鏡があれば1番いいし、なかったとしても大きめの手鏡とかも使って全ての方向からチェックしてね。
男性は真ん前から見ているだけとは限らないのよ。あなたの横顔や俯いた顔なんかも必ずそっと盗み見ているはずなんだから。