婚活世代「アラサー&アラフォー」このメイク注意

化粧の方法はある程度、年齢によって変わるわね。
若い子は素肌づくりにそれほど時間をかける必要はないし、いろいろと冒険してみてもいいと思うのよ。逆にベッタリあれこれ塗りつけて、若くて健康な肌を台無しにしないでほしいわね。

婚活の中心層といえば、アラサーからアラフォー世代ね。
この年代のメイクアップで気をつけて欲しい事があるわ。

・時代遅れのメイクアップをしない

これよ!
アラフォー世代はバブルをギリギリかすってる年代でしょ。この世代はとにかくディオールだシャネルだと高級化粧品をこれでもかこれでもかと塗りつけるクセがあるのよ。もちろん高級化粧品はいいものが多いわ。
だけど、大事なのは「引き算」よ。足して隠すのではなく、出来る限り少ない質感でウィークポイントを隠すのが大事なの。
色みは当時の流行を引きずっている人を時折見かけるけど、色みこそ「今の時代性」を感じるものを選ばないと若い女性からは「イタイひと」って思われるし、男性からは「若作りしてる」って思われちゃうから気をつけてよ。
アラサー世代はなぜか「ナチュラル派」志向の人がいるのよね。それも極端な自然派よ。
本当にスッピンで大丈夫なアラサーなんてあまりいないんだから、まず自分の顔をちゃんと鏡で見て。必要なメイクアップはしなくちゃ。それに口紅をつけたりするのは一種の女のたしなみとも言えることよ。周囲から浮かないようにとベージュ系の口紅をしてほとんど色みのないメイクをすると、あまり健康的には見えないわ。ナチュラルというよりも「不健康」な感じ。

それぞれの年代に合わせた化粧品を選ぶ事と同時に、その時の時代性にあったメイクアップをこまめにチェックして自分のものにしていかないとね。

それには女性誌や情報誌を見て情報を得るのもいいし、若い友人や会社の後輩にランチタイムにちょっとした「美容ネタ」を聞いてみたら?
ネイルやまつエクだって、「だったら会社の側に安くていい店ありますよ」って教えてくれるかもしれないでしょ。
百貨店のコスメコーナーで店員さんと相談してもいいし、ドラッグストアの化粧品売り場であれこれテスターを使ってみてもいいんじゃない?

年齢があがっていく中で常に自分をその時代に合わせてバージョンアップしていかなくちゃ!
それが婚活を成功させるポイントよ。

隠す化粧が婚活の極意ではない

第一印象をアップする為にメイクアップは大切なテクニックね。
ところで化粧というと「化ける」という言い方もするわね。あれはどうかと思うわ~。
確かに女は「化ける」わよ。
メイクだけじゃない、洋服や髪型やその他あれこれで自分を武装する事で違う人格にさえなれるのが女よ。

でも「化ける」というと何か本性を隠している印象があるわね。
化粧をする事でスッピンを隠していると思う人もいるわね。
中には女性自身が「彼氏とそうなっても化粧は落とせない!」なんて言う人もいるわねぇ。

メイクアップする事で顔のシミは隠せるわ。シワやたるみも隠せるかもしれないわね。
だけどこれから一生涯を共にしようというパートナーに対して、一生素顔を隠し続けられるものでもないわ。
婚活はいろんな意味で「素顔を見せられる」相手を探さなくちゃ。
メイクをしてキレいに見えるように努力している女性に対して、男性は誰でも好感を抱くと思うのよ。「なんだこんな素顔かよ、上手に隠しちゃって」みたいな感想を持つ男なんて最低だわ。
一生懸命キレイになろうとしてるんだな、可愛いな! そう思う男を探さなくちゃダメなのよ。
婚活ではどうしたって相手の収入とか、そんな所ばかりをチェックしたくなるけど、もっと違う部分もちゃんと見るのよ。

第一印象はお互いの見た目の印象が強いわけだけど、会話の最中にそうした相手の「気質」みたいなものをしっかりと感じてチェックしてみて。
化粧は何かを隠すためにしているものじゃないの。
化粧は女子としてキレいになりたいという「女のこだわり」よ。
上手に化粧ができた、外見はなんとか男性の心を掴めそうだ、結婚するまで絶対にこの「仮面ははずせない」なんていうアプローチは正直あまりお勧めしない。

あなたの外見だけではない、心の内側の「美」を評価しようとする男性を探すのよ。
婚活の成否は、あなたを「内面で選んだ」男性を捕まえること。
上手なメイクアップを勧めるクセに矛盾した事を言っているようだけど、サラの言いたい事わかってくれたかしら?
メイクアップして「美人に見えたからあなたを選んだオトコ」よりも「今日のために一生懸命おシャレしてメイクしてキレイにしようと頑張ってきたんだ、その気持ちが可愛いな、嬉しいな」こんな風に思うオトコこそ、本物だってコトよ!

婚活メイクのポイント:ファンデーション

素肌作りがメイクアップの中でも1番やっかいと言えるかもしれないわね。
というのは、もともと健康的できめ細かい肌ならいいのよ。
ファンデーションのノリもいいでしょうし、薄付きでも充分キレイに見えるでしょうから。
問題は肌にトラブルがある場合やシミやくすみがある場合。

ファンデーション選びもそうだけど、下地作りが大切ね。
婚活は意外と近くで顔を見られるし、まず下地をしっかりとやりましょう。赤み肌ならグリーンの下地とか、毛穴が目立つなら毛穴カバー力の強いものを選んでね。
ファンデーションもパウダーもあればリキッドもある。
このあたりは自分に合うものを選べばいいわ。色やタイプについてはコスメコーナーとかで実際にちょっとのせてみてチェックしたり、店員さんと相談して1番「顔を明るく健康的に見せてくれる」ものを選びましょ。

コンシーラーはお助けマンよ。
シミやソバカスをうまくカバーして「キレイな素肌」に見えるように作り込むのがコツ。
かといってガンガンとコンシーラー使いすぎるとノッペリとした、いかにも厚化粧って感じになっちゃう人がいる。
気になる箇所を丁寧につぶしていくような気持ちでメイクをしてみることね。

それからファンデーションがピタっと吸い付くようにノッて、モチモチっとした肌に見えるかどうかは、やっぱり最終的には「素肌の健康」の問題なのよ。
だから日頃からきちんとお手入れする事が一番大切かも。
お財布と時間に余裕があるのなら、フェイシャルエステなんかに行けると1番いいんだけどね。
それが無理でも、きちんと食事をとり、たっぷり睡眠をとる。
そしてお風呂上がりには安物でもいいから化粧水はたっぷり惜しみなく、乳液や美容液でしっかりカバー。
毎日のお手入れで「婚活本番」のメイクのノリが決まるって事を忘れないで。

婚活パーティーなんかは室内のことが多いでしょ。
コスメポーチには基本的なコスメ用品を入れて持参するといいわ。
実際に受付する前に会場内の化粧コーナーでもう1度確認する。その室内や会場の照明の下でどう見えてるか必ずチェックしてね。
あぶらとり紙も用意していったほうがいい。
艶肌と「脂でテカってる」のはまるで違う印象ですからね!

婚活メイクのポイント:チーク

最後は「チーク」。ほお紅よ。
チークの重要性は特にアラサー、アラフォー世代に声を大にして言いたいわ。
顔色が良く見えると「明るい印象」を相手に与える事ができるの。逆に言うと顔色が悪いと不健康そうに見えたり、時には陰湿さや根暗なイメージさえ持たれてしまう。
もともと血行が悪い人もいるでしょうけど、上手にチークを入れる事ができればまるで印象が変わるわ。
年齢と共にくすんでくる肌質をカバーする為にも、アラサー世代はチークをうまく使うのがコツ。

といっても「おてもやん」みたいに入れちゃダメ(笑)チークは効果的に使うとすごくいいんだけど、失敗すると目立つのよ〜。
うっすらと、ちょっぴり「頬が上気している」みたいに見えるように工夫してみて。
大きめのブラシを使って、たっぷりとチークをつけて、実際に肌にのせるときにはある程度落としてからササっと入れるとうまくいくわよ。
一般的には頬骨のあたりから上に向かっていれるといいと言われているわね。
これも頬の真ん中あたりにまぁるく入れると「可愛らしい感じ」、頬骨からシャープに入れると「知的な感じ」とイメージによって使い分けてみて。やっぱり何度か練習しながら、実際に鏡で見て確認しながら試してみて。

色は一般的なコーラルピンクや少しオレンジ系のピンクなかもいいわね。
まさかいないと思うけど、ひと昔前みたいな赤はダメよ。
メイクで1番失敗しやすいのは「ちょっと昔のメイクアップ」をしてしまう事。古いメイク方法や昔の流行そのままはやめて、ちゃんと今風のメイクを研究しましょうよ。
アラフォー世代ぐらいになると、もう化粧方法もビッチリ自分のやり方が決まっちゃってて、それが落ち着くって事もあるんでしょうけど。
でも改めて鏡を見て客観的に判断しなくちゃ。
新しい美容雑誌やコスメ売り場、コーナーなんかをしょっちゅうチェックして、いろいろと試してみる事が大事よ。

ふわっとかすかに入ったチークのおかげで、なんとなくポッと上気したような印象の顔つきになるはず。
柔らかい雰囲気が出せれば、それだけで男性の心を掴めるはずよ。
もしチークをいれすぎたなって後から気がついたら、ちょっとファンデーションを重ねたりしてうまく修正してね。

触れたくなる唇。
触りたくなる頬。
視線を釘付けにする瞳。
自然な眉とまつげ。

これで婚活は完璧ね!

婚活メイクのポイント:まつげ

目ヂカラが「婚活メイク」では重要と説いてきましたが。
目ヂカラは
・アイシャドウ
・アイライン
・睫毛
の3つで総合的に作るものなのね。

婚活で大事な目ヂカラは何も「目がパッチリして目立つ」って事じゃぁないの。
目もとにハッとするような輝きがある事よ。
そう。少女漫画の主人公のようにね(笑)

アイシャドウは薄めに。色みは抑え気味にする。
アイラインは人にもよるけど、たれ目がちの「可愛らしい感じ」にするかキリッと流し目に入れて「知的な感じ」にするか。
そして女性らしい力のある目元を作るのは睫毛なの。

つけ睫毛が当たり前のようになってきたけど、婚活ではバッサバサにはしないようにね(笑)
確かにつけまつげしてアイラインぎっちり引けば、かなり目の印象は強くなる。だけど婚活ではそこまでやっちゃうと「作り込んでる」感じがしちゃうからやめておきましょう。
つけまつげをつけるなら、細めで自然なタイプを。
マスカラはしっかりとつけていいけど、つけまつげを太くて大量のタイプを使用してしまうとやりすぎになるからね。
それと婚活では青とか紫とかあんまり変わった色のマスカラはやめておきましょ。無難なところで黒、焦げ茶ぐらいにしておくのがいいと思うわ。

最近はまつエクする人も増えてきたわね。
サラもやってるわよ~(笑)
まつエクの問題点は、最初はいいんだけどね、どんどん増やしたくなる欲望に駆られることなのよ。サラも最初は両目で80本からスタートしたのについつい増やしちゃって、今は120本。
もっとやりたくなるんだけどね~。

睫毛メイクは「人工的にやりすぎないこと」。
自分のまつげならカールしたらマスカラをたっぷりつけて、それでいいと思うわ。
つけ睫毛やまつエクなら「なるべくナチュラルなタイプ」。
至近距離とは言わないけど、婚活パーティーなんかで間近に顔を合わせた時に女性がまばたきする度に「ばさばさ~っ」って風が拭いてくる状態にだけはしちゃダメよ(笑)
まつげを派手にいじりすぎると一昔前のコギャルっぽいイメージになっちゃうのよ。
婚活では「ギャル風」は御法度なの。
目指すイメージとしては朝のニュースに出てくる「お天気お姉さん」よ!

程よくナチュラルな睫毛は、ちょと目を伏せた時なんかに顔に陰影をつけてくれて美人に見せてくれるわ。
長いまつげは女性的で男性の心をグッと引き寄せる効果もある。

婚活メイクのポイント:眉

さて、問題の「眉毛」よ。
女性のメイクにとって1番の難関が眉毛なのよねぇ。
婚活メイクと限らなくても、眉毛の形ひとつでかなり顔の印象って変わっちゃうから。髪型と眉の形は一種の顔の「額縁」。ここで失敗するとかなり印象が変わってくるから頑張って!

婚活メイクのアドバイスとしては、まず不自然なほど「刈り取らない」事ね。
眉毛をカットすると、どうしても「カットしすぎちゃう」のよね。できれば自然なままのほうがいいんだけど、まぁそうもいかないわね。ある程度整えるにしても、とにかくカットは気をつけて。

眉毛にも常に流行があるわ。
パキッとくの字型の流行もあったし、太眉の頃もあった。
今はわりと自然なカーブスタイルかしらね。
どっちにしても、アイブロウペンシルでガリガリ書いてしまうと「自然」には見えない。できるだけパウダータイプで形を整えて、眉尻などにアイブロウペンシルを使う方がビギナーさんには上手くいくと思うわよ。
それと眉毛は書いてみたら、横顔でチェックしてみるのが大切。
両方のバランスもあるしね。
どうしても右利きとか利き手によって「眉毛を書きづらい」側があるのよねぇ。
このあたりも練習あるのみ、かしら。
それとドラッグストアとかに「眉毛テンプレ」が売られてるわね。ちなみに私は実際に使ってみてちょっと逆に「やりづらい」と思ったんだけど、ところが私の妹はテンプレがあると上手に眉毛が作れるって愛用しているのよ。
だから、とりあえず試してみる価値はあるかもね。

眉毛についてはアドバイスが難しいの。
流行に関係なく、ある程度長くて太めにした方が可愛く見える人もいるし、細くてカーブの強い眉毛で美人に見えるって事もあるしね。
こればっかりは鏡を見ながら、自分であれこれ研究してみて、って言うアドバイスしかできないの……。

あ、でもね。
婚活というシチュエーションを考慮すると、眉毛をあんまり薄い茶色とかにするのはちょっと待った! よ。
ヘアカラーもそうだんけど、婚活では金髪とか、そこまでいかなくても「かなり薄い茶色」とかにしないほうが無難なのよ。
だから眉毛もあんまり薄い色にはしないでね。
だからって黒いアイブロウでグイグイと「イモト」みたいな眉毛を書いちゃダメよ(笑)

婚活メイクのポイント:口許

さぁ、実践編婚活メイクのポイント、次は「口許」よ!

最初にネタで取り上げた通り、「婚活リップ」の異名をとっているのがエスティローダーの口紅よ。
この伝説がどこで生まれてどう広まったかはともかくとして、アイシャドウでもなくチークでもなく、「リップ」で婚活に勝つという伝説がポイントよね。
それだけ男は「口許」に弱い証拠なのよ~。

唇といえば、ま、「チュウ」よ(笑)
口づけしたくなる口許ってのが、やっぱり男を攻略するポイントだって事だわね。
とはいえ、婚活では何も男を「落としたい」っていう、あからさまなイメージではないわけよ。
口許のメイクでいえば、もうこれは「色」と「艶」が勝負になるの。

まず第一に荒れてる唇ではどうにもならないから、唇ケアをしっかりと行ってね。特に冬場の乾燥は大敵。
最近はリップケアもいろいろと出ているみたいだから、保湿をしっかりとして口紅を塗らないでもフックラ柔らかい状態にするようにしましょ。

そして色、ね。
前にも話した通り、マットな真っ赤や青みがかった強烈なピンク色は婚活メイクでは避けておきましょ。こうした色が似合う個性的な人もいるにはいるけど、まず大抵は難しいわ。
やはりピンク系。
ピンクベージュからオレンジベージュぐらいかしら。
オレンジはハマると健康的でなかなかいいんだけど、日本人の肌質に合ったオレンジ系は意外と見つけるのが苦労するから気をつけてね。
ピンクの色みとしてはキツすぎなければ、多少濃くても大丈夫よ。

婚活メイクではこの「ピンクの色み」以上にこだわって欲しいのが「艶感」なのよ。
思わず触れたくなる、チューしたくなる唇には絶対に「艶」が必要なの。
マットな色が流行した時期もあるし、今もまた出てはきているけど婚活パーティーなどではできるだけグロス感がある方がいいと思う。口紅本体にそうした艶や保湿力があればそれでいいし、グロスを重ね塗りしてもいいし。
あっ、でもグロス塗る時は飛んできた虫がペタっと張り付いちゃうんじゃないかって程はベッタリ塗らないでね(笑)
唇の形は不自然に「理想的な形」に修正しなくても大丈夫。
自分の唇の形に自然に沿った形でも充分よ。

ところで婚活パーティーでは飲み物が出る事が多いわね。
口紅のあとがベタァ~っとグラスに残らないように気をつけるのよ。もしついてしまったら、すかさずサッと拭うようにしましょ。そういうとこ、男性はけっこう見ているからね!

婚活メイクのポイント:目ヂカラ

じゃぁ、そろそろ具体的なメイクアップのテクニックを伝授するわね。

まずは目もとよ。
婚活では「目ヂカラ」が重要ポイントよ!
目ヂカラをパワーアップする為にはアイラインとか睫毛とか総合的な目元の化粧が大切なんだけど、今回は特に「アイシャドウ」に限定して話をするわね。(また後ほどアイラインとかもテクニックをご紹介するかわ)

・色がハッキリとはわからない程度にする
パッと見て、「青いアイシャドウだ」「ピンクのアイシャドウだ」ってわかるような付け方は今イチね。
この色がいいとは指定しないけど、自分に合う色を見つけて何度か塗り重ねていく方法が一番無難。なるべく薄めにつけて、それを繰り返して行く方法だけど、ちょっと抑え気味ぐらいでちょうどいいんじゃないかしら。
・ラメやピカピカ系は控えめに
私も好きよ、ラメが入ったキラキラシャドウ!
でも婚活にはあまり向いていないわね。パール感や適度なキラキラはいいんだけど、塗った途端にピカピカしちゃうようなゴテッと盛ったラメシャドウはやめておいた方がいいわね。
婚活パーティーの会場って照明が意外とキツい事もあるの。そんな照明の下でパチパチキラキラし過ぎてるとちょっとやり過ぎ、「頑張ってるなぁ」と悪い意味で捉えられちゃうのよね。
・締め色を上手く使う
1番オーソドックスなベージュ系で考えると、最終的にはまぶたのキワには焦げ茶や濃いグレイなどの締め色をいれて引き締めたいわね。
ただこれは後からアイラインを入れたりするから、省略してもかまわないし、アイラインを入れない人ならシャドウでキチッとライン風に入れるテクニックもあるわね。

最近はパレットに4色ぐらい入っていて、どこに塗るかも一目瞭然にわかるようなアイシャドウが販売されてるでしょ。
初心者や化粧が苦手な人はそういうセットを使うのも失敗がなくていいんじゃないかしらね。

それからアイシャドウを入れたら、いったんちょっと後ろに下がって遠めに鏡で確認してみること。
できる限り、いろんな角度と距離からアイシャドウの色みや付け方をチェックする方がいいわよ。
三面鏡があれば1番いいし、なかったとしても大きめの手鏡とかも使って全ての方向からチェックしてね。
男性は真ん前から見ているだけとは限らないのよ。あなたの横顔や俯いた顔なんかも必ずそっと盗み見ているはずなんだから。