手軽な婚活手段の「婚活パーティー」

たくさんある婚活方法の中でも最も手軽でお勧めしやすいのは「婚活パーティーに参加する」方法です。
結婚相談所なんかは良いコンサルタントに当たるとかなりいいらしいのですが、こちらはそれなりにお金がかかる事もあるし、やはりより「結婚したい」という真剣度が高い人や条件がはっきりしている人に向いているような気はしますね。

婚活パーティーというのは、簡単に言えば男女が「出会い」を目的にして集まるパーティーです。業者が運営する様々な男女の集まるパーティーから、例えば「趣味が一緒の人が集まる」とか「年齢が30歳から35歳まで」とか条件が一致するものや良さそうなものを選びます。後は当日参加するだけ。
婚活パーティーは最初に1対1で参加者全員と話をしたり自己紹介をするトークタイムがあり、それからフリータイムといって自己紹介の時間帯に良さそうだなと思った相手と自由に話せる時間帯があるものが一般的です。もちろん業者によって、途中でゲームの時間があるとか中間印象がわかる時間があるとか工夫されています。そして最後に「この人とカップルになりたい」という相手がいれば指名してお互いに一致すればカップル誕生となるわけです。
こうしたレギュラータイプの婚活パーティーの他にも、アウトドアを楽しむとかお酒が出るとか、合コンタイプとか、今や婚活パーティーはなんでもありの状態です。

これから婚活パーティーについては詳細に説明していきますが、今回はまず「そういう男女が集まって出会いを楽しむパーティーがあり、サイトなんかで調べて後はお金を払えば簡単に参加できる」という風に捉えてもらえばいいと思います。
ちなみに料金も色々なんですが、ごくごくおおざっぱに言うと男性は3,000円から6,000円ぐらい(もちろんスポーツ観戦など特別なイベントパーティーは高くなる)、女性は安いと500円ぐらいから4,000円ぐらい。だいたいの婚活パーティーで飲み物ぐらいは出ますし、中にはけっこうボリュームのある食べ物や軽食やアルコールが出るところもあります。

居酒屋で飲み放題2時間コースを頼むつもり程度で、婚活パーティーに参加できるという感じですね。

いろいろとある婚活方法

婚活方法にもいろいろとあります。
・友達や会社の同僚に紹介してもらう
・お見合いをする
・婚活パーティーに参加する
・SNSのようなコミュニケーションツールで異性を探す
・結婚相談所に登録する
最初の友達の紹介は本来一番自然体であり、よくある「出会い」のパターンでもあります。ただこれは運よく友達に紹介されてすぐにいい相手と巡り会えばいいのですが、なかなかそうもいかないのが現状です。それにひとりの友だちが紹介できる人数なんてたかが知れています。だからどうしても頭打ちになってしまうし、特に年齢を重ねていくと人からの紹介じたいが少なくなる傾向にあるのがネックです。
お見合いは堅苦しいのが大変そうですが、往々にしてお互いに「釣り合う」相手を探してきてくれるものですから実は割とうまくいく婚活の王道とも言えるでしょう。ただしこれも、最近は親戚なんかの付き合いも少なくなる一方ですし、昔のような世話焼きのおばちゃんみたいな存在も減ってきているので、お見合いをセッティングしてくれる人を探すのがひと苦労というところがあるようです。
そうすると、次に婚活パーティーに参加するとか、SNSの活用とか結婚相談所に登録するといった事になります。

これらは一定の金額がかかったり、自分の知らない不特定多数の中に入っていったりと、最初はちょっと躊躇するものがありますね。
ですがこうした「婚活ビジネス系」のメリットは、実は赤の他人が間に入っていたり出会いの場を提供してくれている事じたいにあります。友だちの紹介やお見合いとなると、間に入ってくれた人に対する気兼ねもあるし、まして紹介してもらった相手がとてもいい人なんだけど「自分が結婚したいタイプとは違う」みたいな場合にはなかなか言い出しにくいような難しい場面もあります。そういうアレコレ面倒な事がないというメリットは婚活みたいなプライベートが関わる関係では意外と楽なんですね。

そうした面からも、例えばまぁ社会人になって数年ぐらいはノンビリと友だちの紹介や合コンでの出会いがあるといいなぁぐらいのノリで、ある程度の年齢になってきたり仕事柄早く結婚したいというような気持ちであるのなら、婚活業者を利用した婚活方法を選ぶというのが一般的には妥当なところではないでしょうか。

婚活しようとする自分を客観的に判断する

婚活で相手に望む条件を明確にしたのならば、次に必要なのは「自分自身を冷静に見ること」です。
あなたが婚活をしようと思い立った理由はなんでしょうか?
結婚したいから。家族を持ちたいから。
では、なぜ家族を持ちたいのか、結婚したいのか。
仕事のやりがいを見つけたいから。子どもが欲しいから。
なぜ仕事のやりがいを見つけたいのか。子どもが欲しいのか。
このようにどんどん掘り下げながら自問自答していき、婚活する自分の姿をはっきりとさせていきましょう。

というのも、「なんとなく」婚活をして「なんとなく」いつも決まらなくて、だけど「なんとなく」婚活をやめる事もできずダラダラしている、みたいな人がけっこういるんですね。
別に婚活は1年以内にしなくてはならないといった決まりもないし、期間を限定する必要などはありません。ありませんが、やはりある程度自分自身の気持ちをはっきりとさせておかないと、結局婚活もうまくいかないパターンが非常に多い。

できれば婚活をするなら、「なんとなく」ではなく、「40歳になるまでに結婚を決めたい」といったような自分自身の中のゴールがあったほうがいいとは思います。ただそのあたりも「結婚したい」というもともとの気持ちの度合いにもよります。
例えば異性との出会いもなくて、このままだと結婚できなくなりそうだよなぁ、というぐらいの気持ちから「異性との出会い」という部分に比重を置く人ならばさほどあれこれ準備したり、婚活攻略に力を入れなくてもいいと思います。婚活パーティーや異業種交流会とかに参加してまずは楽しみながら「素敵な相手と巡り会えたらラッキー」という感じでもいいはずです。
でも、早く結婚したい、家庭を作って落ち着きたいという気持ちが強いのならば婚活もより明確に具体的に目標を決め、ステップを踏むような気持ちですすめたほうがうまくいく可能性がアップするでしょう。

まず、結婚相手に望む条件を整理して明確にしていく。
次に自分自身の気持ちを客観的に判断しておく。
これが婚活スタートの前段階といったところですね。これからが本番です。「婚活」とひとくくりに言っても色々な方法がありますから、次には「どの婚活方法を選ぶか」といった事を書いていきましょう。

婚活スタートは「まず相手に望む希望」を明確にする

婚活をしよう、と真剣に思ったのならば最初にやるべき事はひとつです。

婚活で相手に望む希望や条件をリストアップする。

リストアップというとずいぶんと事務的な感じがするかもしれませんね。
学校や会社で恋愛をし、好きな人と結婚をするというのもひとつの方法ならば、自分が希望する結婚生活に必要な条件をもとに相手を探すというのも決して悪い方法ではないと思います。
単純に「出逢い」を求め、そこから「いいご縁があれば」と思うスタイルで婚活に臨む場合もあるでしょう。でも、婚活をより具体的に攻略しようと考えるのならば、やはり最初は「自分の考え」をとりまとめておく必要があります。

相手に望む条件や希望は、まずとりとめなく、いくつでも書いていってみましょう。
例えば、
「年収最低450万以上、首都圏か関東近県在住、年齢は30歳~45歳ぐらいまで、大卒、明るい、転勤なしの仕事、スポーツマン、お酒を飲むのが好き、ノンスモーカー、運転免許あり、車持っていること……」
といった具合にとにかく思いつくまま、自分が「こんな人と結婚したいなぁ」と思っている希望を羅列してみましょう。

さて、条件や希望が出そろったら、そこから整理していきます。
まずはおおざっぱに、「絶対にそうあってほしい」「できればそうあってほしい」「そうであればいいな」ぐらいの3グループぐらいにわけます。
そこから大切なのは、最終的に「絶対に結婚相手に譲れない条件」をひとつだけ絞り込む事です。色々あっても最終的には3つぐらい残るかもしれませんが、3つではダメなんです。
「絶対に譲れない」という希望はたった1つだけにしましょう。
残りは2~3グループぐらいにわけておけばいいんですね。

婚活では条件から入って行くのは当然の事でもあります。そしてまた、条件だけがピッタリ合っていれば幸せな結婚ができるわけではないのも事実なのです。
でも、まずは婚活をしようと思ったら自分の希望する条件をなるべくたくさんあげていき、それを整理して絞り込んで行く作業をしてみて下さい。たった1つの「こういう人と結婚したい」という譲れない条件を明確にする事で婚活をするあなたも判断基準を得る事になります。

婚活アドバイス

婚活のアドバイスというか、いろいろとちょっとしたポイントを書こうと思いついたのは、自分が婚活歴10年を過ぎたキャリアがあるって事から(笑)
2年程前に、ようやく婚活パーティーで知り合った3つ年下の女性と結婚し、今年は子どもにも恵まれて、今はすごく幸せです。

考えてみると、自分は特に年収もよくないし、大手企業のエリートビジネスマンでもない。
見た目も普通だろうし、何かに秀でているわけでもない。
そう思ってそこそこの大学出て、普通の会社に勤めて、真面目だけが取り柄でついに30歳になっちゃったパターンです。
気がついたら女性との縁がないまま、30歳になってしまっていた。最後に女性とおつきあいしたなと思えるのは学生時代にまでさかのぼる状態でした。

自分なりに自分の「婚活」を考えたときに、婚活パーティーを選んで参加した事をよかったなと思っています。
ただ最初のうちはよくわからなくて、やみくもに婚活パーティーに出たり、どうでもいいやと思った時期もあったりした。
そういう中で最終的に今の奥さんを見つけられた事は神様の贈り物だと思っています。
だけど、その長い経験の中で、もしかしたら今、婚活で悩んでいる人のちょっとした手助けになる事もあるかもしれないと思ってまとめてみる事にしました。

人の経験談からくるアドバイスが時には励ましにもなったし、大きなヒントになった事もあります。だから自分も自分の長い婚活経験の中から選んで書いてみます。
私の場合はやはり婚活パーティーで奥さんとの出会いがあったので、その経験を元に婚活パーティーでの婚活方法のポイントや方法を書いていく事にします。

人との出会いは待っているだけでは訪れない事もあります。
婚活パーティーを選ぶというのは手段をひとつ選んだというだけで、出会いはそこいら中にあります。
まず大切なのは、自分自身の気持ちをしっかりと確かめること。自分が「異性との出会いを求めている・そして素敵な相手と結婚したい」というはっきりとした希望があるかどうかを見極めることだと思う。
本当にそういう気持ちが高まっていけば、自然と婚活をしようという気持ちになるはずだから。周囲に流されたり、親に言われたから「とりあえず結婚相手を探さなくては」では、なかなかうまくいかないと思います。

婚活メイクで幸せな人に

ちょっと話が脱線したりもしたけど、サラの「勝てる婚活メイク」参考にしていただけそうかしら?

勝てる婚活メイクはつまりは「男ウケするメイク」って事。
メイクする事で素顔を隠して美人に見せてイイ男を捕まえるって事は婚活では大切よ。大切だけど、それが1番「大切な事」ではないとサラは思ってるのよ。

メイクをする。
可愛く見せようとする。
そういう「努力の気持ち」が「女っぷり」をあげると思っているの。向上心よ。男性だって自分の為にキレイになろうとしている姿をみたら「可愛いな」って思うはずなの。
それから、メイクする時間を過ごすことで、自分の気持ちをアゲていく事。
前向きな気持ち。ポジティブな気持ちに自分をもっていく事ができるのがメイクアップだと思うのよ。

見事に結婚に成功してからも、そうよ。
それで婚活としてはゴールテープを切ったかもしれない。でも本当のスタートはそこからでしょ。
そこで急に「どうでもいいや」でメイクもずさんになって、それこそ昔のままのメイクアップなんかしていたら、あっという間に気持ちも顔も「オバチャン」だわよ。

一緒に暮らすようになって、例えば母になったり妻としての役割に追われる事になったら、独身時代みたいに時間はかけられないかもしれない。時にはスッピンで髪の毛振り乱して奮闘しなくちゃならないかもしれない。
でも、気持ちは忘れずに持っていて。
時にはしっかり時間をかけてメイクをして、旦那さんを「ハッ」とさせてあげて。
上手なメイクは婚活必勝、「第一印象でハッとさせる」事だとサラは言ったわ。
そして結婚後も、この「あれ? ウチの奥さんこんなキレイだったっけ?」そんな「ハッとさせる瞬間」をたまには作る事も必要だと思うわよ。

婚活の成功をサラは誰より祈ってるわ。
でももっと祈ってるのは「あなたの人生が幸せであること」なのよ。結婚後の人生もしかり、あるいはもしかしたらひとりで生きる事を選んだ人生もしかり。
そんな時も「女として生きる」部分を大切にして。その為にもメイクアップは一生涯、女の「心意気」だって事を忘れないでいてほしいと思うわ!
アイラインをスッと引いて、「よし頑張るか!」って。
チークをふんわりとはたいて「いい日でありますように」って。
メイクをしながら、あなたの幸せをつかんでね。

婚活でいつ「スッピン」を見せるか

さぁ、婚活パーティーや合コンで「勝てるメイク」でカップリングに成功した、素敵な相手を見つけた! となったとしましょう。

よかったわねえ!
でも婚活はここからが本番よ。メイクアップといえば、どうしても避けては通れない問題があるわ。

……いつ男子にスッピンを見せるか……

ああああああ、悩ましいわね!!!
メイクが上手な人であればある程、素顔とのギャップに悩まされてしまうのよ。
実は眉毛が半分しかない、朝起きたら「お公家さん」になっている、なんて女性はゴマンといるわ。
アイラインとつけまつげはずしたら、しらす干しより細い目ではれぼったいまぶた、なんて女性もゴマンといるわ。

交際がすすめば、そりゃいろいろと誘われるわね。
ディナー一緒にして、飲んで、思わずそういう事になっちゃって、それでもまぁなんとか化粧は落とさずにやりすごす事はできそうだわ。
問題は「旅行に誘われたり」「一人暮らしの彼の家に誘われたり」そんなシチュエーションよねぇ。

サラとしては、旅行なら普通に夜寝る前に化粧を落としてみていいと思ってるわ。まぁ眉毛が半分しかないなら、スッピンにしてから眉毛だけ書いてもいいんじゃない?
そして朝は男性よりちょっと早起きして、最低限の化粧(ファンデーションとアイブロウ)だけはしておいたらどうかしら。逆に言えば朝起きた瞬間から、となりにいる女性がガッツリしっかり化粧できた状態でムクッと起き上がったら、それはそれで怖すぎない?(笑)
婚活は結婚相手を探す活動の事だから、何から何まで隠そうとしなくていいと思う。あなたのスッピンを見たからって驚いて逃げて行くようなオトコには最初から用はないのよ。

それにしても、メイクを落とせないって悩む女性は多いのね。
そんな女心をつかむような「24hメイク」用品が発売されたわねぇ!
サラはまだ使ってないので使い心地やほんとに24時間メイクを落とさないでいいのかっていう批評については書かないわ。
だけどそういうコスメが出てきたって事こそ「女性がメイクを落とせない時間」が長くなっているって事よねぇ。

韓国では整形が普通らしいし、アートメークとかまつエクとかもあるわね。
そのうち、1度してもらったら1ヶ月ぐらいもつメイクとか出てくるのかもしれないわね。それはそれでちょっと怖いような……微妙な気持ちだけど。

婚活世代「アラサー&アラフォー」このメイク注意

化粧の方法はある程度、年齢によって変わるわね。
若い子は素肌づくりにそれほど時間をかける必要はないし、いろいろと冒険してみてもいいと思うのよ。逆にベッタリあれこれ塗りつけて、若くて健康な肌を台無しにしないでほしいわね。

婚活の中心層といえば、アラサーからアラフォー世代ね。
この年代のメイクアップで気をつけて欲しい事があるわ。

・時代遅れのメイクアップをしない

これよ!
アラフォー世代はバブルをギリギリかすってる年代でしょ。この世代はとにかくディオールだシャネルだと高級化粧品をこれでもかこれでもかと塗りつけるクセがあるのよ。もちろん高級化粧品はいいものが多いわ。
だけど、大事なのは「引き算」よ。足して隠すのではなく、出来る限り少ない質感でウィークポイントを隠すのが大事なの。
色みは当時の流行を引きずっている人を時折見かけるけど、色みこそ「今の時代性」を感じるものを選ばないと若い女性からは「イタイひと」って思われるし、男性からは「若作りしてる」って思われちゃうから気をつけてよ。
アラサー世代はなぜか「ナチュラル派」志向の人がいるのよね。それも極端な自然派よ。
本当にスッピンで大丈夫なアラサーなんてあまりいないんだから、まず自分の顔をちゃんと鏡で見て。必要なメイクアップはしなくちゃ。それに口紅をつけたりするのは一種の女のたしなみとも言えることよ。周囲から浮かないようにとベージュ系の口紅をしてほとんど色みのないメイクをすると、あまり健康的には見えないわ。ナチュラルというよりも「不健康」な感じ。

それぞれの年代に合わせた化粧品を選ぶ事と同時に、その時の時代性にあったメイクアップをこまめにチェックして自分のものにしていかないとね。

それには女性誌や情報誌を見て情報を得るのもいいし、若い友人や会社の後輩にランチタイムにちょっとした「美容ネタ」を聞いてみたら?
ネイルやまつエクだって、「だったら会社の側に安くていい店ありますよ」って教えてくれるかもしれないでしょ。
百貨店のコスメコーナーで店員さんと相談してもいいし、ドラッグストアの化粧品売り場であれこれテスターを使ってみてもいいんじゃない?

年齢があがっていく中で常に自分をその時代に合わせてバージョンアップしていかなくちゃ!
それが婚活を成功させるポイントよ。

隠す化粧が婚活の極意ではない

第一印象をアップする為にメイクアップは大切なテクニックね。
ところで化粧というと「化ける」という言い方もするわね。あれはどうかと思うわ~。
確かに女は「化ける」わよ。
メイクだけじゃない、洋服や髪型やその他あれこれで自分を武装する事で違う人格にさえなれるのが女よ。

でも「化ける」というと何か本性を隠している印象があるわね。
化粧をする事でスッピンを隠していると思う人もいるわね。
中には女性自身が「彼氏とそうなっても化粧は落とせない!」なんて言う人もいるわねぇ。

メイクアップする事で顔のシミは隠せるわ。シワやたるみも隠せるかもしれないわね。
だけどこれから一生涯を共にしようというパートナーに対して、一生素顔を隠し続けられるものでもないわ。
婚活はいろんな意味で「素顔を見せられる」相手を探さなくちゃ。
メイクをしてキレいに見えるように努力している女性に対して、男性は誰でも好感を抱くと思うのよ。「なんだこんな素顔かよ、上手に隠しちゃって」みたいな感想を持つ男なんて最低だわ。
一生懸命キレイになろうとしてるんだな、可愛いな! そう思う男を探さなくちゃダメなのよ。
婚活ではどうしたって相手の収入とか、そんな所ばかりをチェックしたくなるけど、もっと違う部分もちゃんと見るのよ。

第一印象はお互いの見た目の印象が強いわけだけど、会話の最中にそうした相手の「気質」みたいなものをしっかりと感じてチェックしてみて。
化粧は何かを隠すためにしているものじゃないの。
化粧は女子としてキレいになりたいという「女のこだわり」よ。
上手に化粧ができた、外見はなんとか男性の心を掴めそうだ、結婚するまで絶対にこの「仮面ははずせない」なんていうアプローチは正直あまりお勧めしない。

あなたの外見だけではない、心の内側の「美」を評価しようとする男性を探すのよ。
婚活の成否は、あなたを「内面で選んだ」男性を捕まえること。
上手なメイクアップを勧めるクセに矛盾した事を言っているようだけど、サラの言いたい事わかってくれたかしら?
メイクアップして「美人に見えたからあなたを選んだオトコ」よりも「今日のために一生懸命おシャレしてメイクしてキレイにしようと頑張ってきたんだ、その気持ちが可愛いな、嬉しいな」こんな風に思うオトコこそ、本物だってコトよ!

婚活メイクのポイント:ファンデーション

素肌作りがメイクアップの中でも1番やっかいと言えるかもしれないわね。
というのは、もともと健康的できめ細かい肌ならいいのよ。
ファンデーションのノリもいいでしょうし、薄付きでも充分キレイに見えるでしょうから。
問題は肌にトラブルがある場合やシミやくすみがある場合。

ファンデーション選びもそうだけど、下地作りが大切ね。
婚活は意外と近くで顔を見られるし、まず下地をしっかりとやりましょう。赤み肌ならグリーンの下地とか、毛穴が目立つなら毛穴カバー力の強いものを選んでね。
ファンデーションもパウダーもあればリキッドもある。
このあたりは自分に合うものを選べばいいわ。色やタイプについてはコスメコーナーとかで実際にちょっとのせてみてチェックしたり、店員さんと相談して1番「顔を明るく健康的に見せてくれる」ものを選びましょ。

コンシーラーはお助けマンよ。
シミやソバカスをうまくカバーして「キレイな素肌」に見えるように作り込むのがコツ。
かといってガンガンとコンシーラー使いすぎるとノッペリとした、いかにも厚化粧って感じになっちゃう人がいる。
気になる箇所を丁寧につぶしていくような気持ちでメイクをしてみることね。

それからファンデーションがピタっと吸い付くようにノッて、モチモチっとした肌に見えるかどうかは、やっぱり最終的には「素肌の健康」の問題なのよ。
だから日頃からきちんとお手入れする事が一番大切かも。
お財布と時間に余裕があるのなら、フェイシャルエステなんかに行けると1番いいんだけどね。
それが無理でも、きちんと食事をとり、たっぷり睡眠をとる。
そしてお風呂上がりには安物でもいいから化粧水はたっぷり惜しみなく、乳液や美容液でしっかりカバー。
毎日のお手入れで「婚活本番」のメイクのノリが決まるって事を忘れないで。

婚活パーティーなんかは室内のことが多いでしょ。
コスメポーチには基本的なコスメ用品を入れて持参するといいわ。
実際に受付する前に会場内の化粧コーナーでもう1度確認する。その室内や会場の照明の下でどう見えてるか必ずチェックしてね。
あぶらとり紙も用意していったほうがいい。
艶肌と「脂でテカってる」のはまるで違う印象ですからね!